【エネルギーワークやスピリチュアルの危険性】それっておかしくない?間違ったスピリチュアルの闇の側面に気を付けて。

今日は間違ったスピリチュアル
スピリチュアルやエネルギーワークの危険性について文章を書くことにしようと思う。

 

こんなことを聞いたことはないですか。

 

巷で流行っているフワフワしたスピリチュアル。
大天使ミカエルを呼べば、傷つき汚れたオーラを綺麗に浄化し
生霊すらも成敗してくれる。
「はい!ミカエルが全部綺麗にしてくれたから大丈夫ですよ。」

 

ある、スピリチュアリストはそう言ってセッションをするのだと言います。
これはクライアント様から良く聞く話で
SNS投稿でも度々見かける話。

 

そこで、私は、彼女たちにこんな風に尋ねることにしてる。
「それであなたの人生は現実的には何かが変わったのですか?」

 

 

するとおおよその人は
「う…ん。変わったような気もするし…。でも、私、そうゆうのよく分からないんです。
鈍感なのかもしれません。」

 

そんな風に答えてくれるのが大筋である。

 

こんな場面に立ち会うと、私はいつもこう思う。
皆さん、よくこんなにも漠然としすぎて理解できていない事にたいして
対価を支払ことができるな~。と…。

 

もちろん、ただの興味でセッションを受けたい方もいるだろう。
興味本位で知りたい、体験したい、それだけならば一度や二度の経験は許容範囲かと思う。

しかし、理解できないだけならはまだしも、
なにも腑に落ちない、
何も実感がない…。
それでも気にならないのかしら?
そんな風に思うことが時としてある。

 

それは『スピリチュアル』という世界感が放つ
神秘性という特殊さからもたらされるものかもしれないが…。

 

 

 

以前、こんな話を聞いた。
私のクライアントのYさんからの話だった。

 

Yさんは私に今、住んでいる自宅(土地)の鑑定に来てほしいと言った。
いわゆる土地の浄化に来てほしいということだ。
「良いけど、どうしたの?」

Y: 「実はうち…何人かの霊能者さんに観に来てもらったことがあるのですが
ここは場所が良くないから今すぐにでも引っ越した方が良い!って言われて…。
母の病気もそのせいだと言うんです。」

 

私:「そうなの? それで?」

 

Y:「それで、別の方にも観てもらったんですけど…。その方もうちに来るなり、
『あ~、本当に気持ちの悪い場所ね!』良くないから引っ越した方が良いわよ。』
そういわれたんです。それで、2人に観てもらってそうならば…家を売るしかないのかな…
そう思って思い切って売りに出してみたんです。でも、家はもう何年も売れなくて…。
家が売れなければ引っ越しもできないし、母と生活もできません…。どうしていいのかわからなくて…。」

 

私:「そうだったのね。それは大変だったよね。」
「それで、あなたのお家には何がいるの?その悪い理由はどんなものが災いしていてそうなっているの?」

 

Y:「えっ…。何がいるかなんて知りませんけど…。」

 

私:「???」
「だって、家を売れ!とまで言われたのでしょ?それはどんな理由でその災いが広がっているのか理由は教えてくれないの?」

 

Y:「はい…。なにも言いませんでした。
2人も、自宅に来るなりとにかく悪い、良くないの一点張りでできるだけ早く引っ越しした方が良いと言われ
特にその理由については言いませんでした。」

 

私:「それで、あなたはその理由を聞かなかったの?」

 

Y:「はい…。こうゆうことって…そうゆうものなのかと思って…。
聞いていいのかどうかも分からなくて…」

 

私:「何がいるのか聞かなかったの?」

 

Y:「はい…。聞きませんでした。」

 

私:「それから何か対処はしてくれたの?」

 

Y: 「はい…なにか呪文のようなことを言っていましたが…。特に改善とゆうか
良くなった感覚もなくて…。それにいまだに家は売れないし。どうにもこうにもどうしたらよいのか分からなくて。
一度、ゆきさんに見ていただきたいんです。」

 

そうよね。

その通り。良くなっていないし改善もされていないから
私に再度、家を観ててほしいんだものね。

 

彼女の答えに私は愕然とした。

 

なぜなら彼女はその自称霊媒師達に10万円ほど支払っているのだから。

 

 

彼女の言い分はこうだ。

〇土地の鑑定などしてもらったことがないのでそうゆうものだと思っていた。
〇「悪い」と言われたらそうゆうものなのだ、と、思ったのだそうだ。
〇そして、相手は専門家、自分自身は素人だからなんとなく「質問してはいけない」

気分だったという。

 

 

彼女の気持ちは分からないでもない。

悪い悪いと囃し立てられ、しかもすぐにでも家を売れ、引っ越しをしろと畳み込まれたら
誰だって怯んでしまい、質問すら思い浮かばないかもしれない。

 

 

実は土地や家の鑑定についてこんな話はざらにある。
私が請け負った土地鑑定の依頼主さんの中には同じようなことを言っていた方が数名いる。

「そうゆうものかと思ったんです。」
「私にはそうゆう能力は無いから…。」
「分からないから」
【聞いてはいけないと思ったんです】

 

 

この言葉を聞くたびに私はなんだか切ない気持ちになってしまう。

 

これはスピリチュアルではなく、エネルギーワークでもない。
ただの脅しであり、洗脳だからだ。

そしてなんの改善も見られず、サポートもしない。 脅すだけ脅してそのあとは知らん顔…。

 

同じスピリチュアルな世界、
霊的な改善や進化を促す立場の仕事に従事している者として、とても残念な気持ちでしかない。

 

でも、ここで、そういった人たちを批判したいわけでもジャッジしたいわけでもない。

 

周波数や振動数が合っているから危険を招く。
自分の権利や主張を 他者に明け渡してはいけない

別の見方をするならば
その霊媒師達に惹かれ、その言葉を信じ、それに従おうとしたのであれば
それは彼女たちがその霊媒師達、あるいは不真面目なスピリチュアルをしている人達の波動や周波数と
同じ振動数で共鳴しながら生きているからなのだ。

 

これは 騙す 騙される という話ではないが
自分自身の決断や、自分自身で考える力を放棄し、他者にその力を委ねてはいけない。

あるいは、面倒臭い、分からない、と言って
現実逃避をしたり、幻想の中に逃げ込んではいけないのだ。

 

自分自身を放棄するとそれは必ず『依存関係』を生み出し、『共依存』を作り出し
結果としてスピリチュアル難民に陥ってしまったり
自分では何も決断できない自分が出来上がってしまう。
そして、いつまでも
『正しい答えを与えてくれる人』を求め彷徨ってしまうようになる。

 

どのような有名な先生であったとしても
自分自身が疑問に感じたこと、知りたい事、質問したい事は
聞いていいのだ。
納得いくまで質問したっていいのだ。
その質問をうやむやにされたり、叱られたりするのならその人のことは少し疑ってみた方が良いだろう。

 

なのに
スピリチュアルやエネルギーのある種、特殊な神秘の世界観は
そのあたりをなぜだかうやむやにさせてしてしまう傾向があるのようだ。

 

人は皆、特有の振動数と周波数で生きている。
内側に湧き上がる、疑問や違和感を大切にして

職業柄こんな質問も良く受ける。

 

『この間、YouTubeで見かけた○○さんが○○と言っていたんですけど
この人は本物ですか?』
『テレビで▽▽さんがこんなことを言ってたんですけど▽▽さんは本物ですか?』

 

「ほんものですか?」「偽物ですか?」の質問。
これも私が良く受ける内容の質問だが、
わたしは必ずこう尋ねるようにしている。

『それで、あなたはどう思うのですか?』

これもね、そこに惹かれたのが自分自身なのだから相手が正しいか、間違っているかの問題ではなく
それを選んだ自分自身に理由がある。

 

間違っていようが、正しかろうが、その内容に共感したのなら
あなたは今、その人と同じ周波数域と同じ振動数域で共鳴しながら生きているということなのだ。

 

 

もしも、そこに違和感を感じるのでれば立ち去ればいいし、
例え他者が何と言おうが、心地よく感じ正しいと感じるのなら
そのまま信じ続ければいい。

 

 

但し、それを信じ続けることで
あなた自身の生活や、心、感情、肉体、精神、あるいは魂が救われ現実的に変化が起こるのであればのはなしだ。

本当に優れたスピリチュアルな力は
必ず現実面に違いが出てくるものだと私は信じている。
なぜって、私がこれまでやってきたスピリチュアルは確実に私を変化させ
わたしを成長させてくれたからだ。

そして、現実の世界に違いが起こらないスピリチュアルなんてどんな意味があるのだろうか。
スピリチュアルな世界が現実逃避の為の世界であってはならないと私は思う。
時に、人は苦しすぎて現実から逃げたくなることもあると思う。
でも、いつかはそこから目覚めて再び現実の世界を歩きださなければならないのだから…。

 

人は一人一人特有の自分自身だけの『引力』と『重力』を持っている。
あるいは『周波数』と表現しても良いかもしれない。
自分自身が引き寄せられるものしか引き寄せないし、
自分が望む場所にしか導かれては行かないのだから。

 

 

天使や神様、女神や精霊たちは
ユグドラシルのようなシャンバラのような素晴らしい場所へと自動的に連れて行ってはくれない。

 

でも、彼らはいつでも温かな眼差しで、時に厳しく
人間という存在を導きやサポートするために
メッセージを与えようとしてくれている。

 

 

そのメッセージを受け取ろうとするならば
他者に自分自身を委ねてはいけない。
自分自身と向き合い、自分を磨き、自分自身で学び、自分自身で知り、自分自身で行動する。
放棄していた力を自分自身で取り戻し、
『私を幸せにするのはわたし』だと決断するところから
魂の求める道が始まるのだから。

 

 

今日はここまでにしようと思う。
続きはまた改めて。

エネルギーワーク体験会はこちら

 

 

 

 

____________________________________________

  Lysblanc YouTube チャンネル はこちら  

 

 

■ ニュースレターの配信を始めました。
ご興味のある方こちらから登録してくださいね。
画像をクリックしてください↓

 

■ ShopのLINEページはこちら。
LINE内 検索で@372zckzuで検索してみてください。

友だち追加

____________________________________
_✩✩_ 連絡先 _✩✩_
Lys blanc  リ・ブラン
E-mail   lysblanc418@gmail.com
TEL 055-298-6516 (ショップ営業時間12時~19時の間におかけください)

 

| Lys blancでは、セッションやセラピーに限らず、ショップスペースへのご来店の際にも、
原則としてご予約制とさせていただいております。
大変恐縮ではありますが、ただ、お話がしたいなどのご希望には添うことができません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご予約はこちら

関連記事

  1. ”なんとなく不調”から抜け出すクリアリングメソッドのお話会

  2. 【エネルギーワーク】ヒーリングやチャネリングをするために絶対…

  3. エナジ―ファシリテーター講座の素敵な感想を頂きました。

  4. 自分に嘘をつかない。「最高の人生を創るために必要なたった一つ…

  5. 【エネルギーワーク】ライオンズゲートがマックスに 注意すべき…

  6. 【エネルギーワーク】魂と向き合って自分軸で生きる『スピリチュ…