【占星術】牡牛座の新月✩ホロスコープから読み解くメッセージ

___________________☽✩☽
今日は牡牛座の新月です。
☽✩☽___________________

2020年4月23日 11時26分 牡牛座4度 で新月を迎えます。
牡牛座は肉体を通して、五感を通して喜びを感じ味わっていく星座です。
今は、コロナウイルスの問題でこのように大変な状況が世界を覆っていますね。
不自由な今だからこそ自分自身にとって大切なことをしっかりと感じましょう。
呼吸すること。味わうこと。触れること。聞くこと。香ること。
自分自身の五感を通して、たとえ、行動の制限があったとしても
私たちの五感は自由です。
生きていることの喜びを感じましょう。
また、生きているからこそ感じられる感覚をしっかりと守りましょう。

今回の新月の星の配置は、まさに今、この時を映し出しているような
そんな星の配置です。
新月は職業や社会的な立場、人生の向かう方向性を表す10ハウスに位置しており
そのすぐ近くには「改革」や「こだわり」「個性」を表す天王星が位置しています。

これは私たちがこの先、安定した社会を築いていくうえで
何かを改革し、改善し、変化していくことが必要だと告げています。
牡牛座は五感を表すとともに、目に見える物質の世界を表しますから
今、まさにこの現実の世界の枠組みや仕組みを大きく改革しようとしていることがうかがえますね。
また、牡牛座はお金や得られる収入についても表します。
今、この状況の中、収入のあり方、様々な補助金の問題、あらゆる角度からお金のあり方が問われています。
そして、それらは大きく変革や改革の必要性が問われ、未来に向けて
改革の芽が今まさに芽生えています。
また、牡牛座は自分自身の持って生まれた素質や才能を表していますから
あなたの才能を社会の中でどのように輝かせていくのか、
あなたが強くこだわりをもって輝かせたいことは何ですか?
という、問いに耳を傾けるよう促しています。

それは噛砕いていうのなら
「あなたが本当に大切にしたいことはいったい何?」
「あなたの中で絶対に譲れないこだわりの部分はどこですか?」
「あなたがどのような状況にあってもやり遂げたいと感じることは何?」
そのような問いになるでしょう。

冥王星 土星 木星 水星 太陽と月の緊張の角度が告げるものは
仕事や働き方を表す6ハウスには土星 木星 冥王星が滞在し
働き方、仕事のあり方を変えようとしています。
また、冥王星から水星へ、土星から新月を表すと太陽と月の新月の配置へと
それぞれが緊張の角度を形成しています。
冥王星から水星への配置は
偏った知識や知性に思い込みが強くなり視野が狭くなることを警告し
視野を拡大し、物事の捉え方や考え方を変化させ発展させることを望んでいます。
また、土星から新月の配置への緊張のアスペクトは
私たちに制限を与え、困難や課題をもたらしそれらを乗り越える上で更なる成長を
促す配置です。

私たちがこれまで享受していた安心や安全といった感覚は実はただの思い込みで
そのように信じていたかった、見ていたかっただけなのかもしれません。
思い込みで守ってきていたものは未知なる問題を投げかけられたことにより
ただの思い込みだったと気づかされたのです。
安全で安心な狭い世界から、まだ見ぬ未知の世界に開かれようとしている。
それはあくまでも自分だけの安全であり、安心。
自分が属するコミュニティーだけの安全と安心でした。
もっと広い世界を視野に入れ、距離や時間を超えて多種多様な人とのつながりやコミュニティー、それはまさに
全世界が一つになっていく感覚のように。
すべての存在が協力し合っていく。そのような未来を目指す目標を掲げるようにと星は告げています。
これまでの考え方や捉え方は通用しない出来事に向き合うことにより、新しい体験や決断を繰り返すことにより
大きな力を得ていこうとしているときなのです。

金星と火星の調和的な配置
一方で人間関係やパートナーシップを表す火星はグループや同じ意思を持った仲間を表す11ハウスに
滞在する金星と調和的な角度を形成しています。
この配置は、まさに友人やパートナー、グループ内でのコミュニケーションが活発に
楽しめることを表していますが、
今、まさにこのような制限された環境の中でZoomをはじめとしたインターネットを利用した
コミュニケーションが活発になり、新しいコミュニケーションツールとして表面化し、活性化しています。
この可能性はこれからもますます広がっていくでしょう。
この中から更に、人と人との繋がりが深まる、新たなかかわり方や、助け合い、サポートしあう方法なども
生まれてくるでしょう。また、感情に左右されない軽やかな人人間関係が開けていく時でもあり
そういった人、意志や考え方を共有できる人たちとの出会いも活発になるでしょう。

今回のサビアンシンボルは【虹のたもとの金の壺】
牡牛座4度のサビアンシンボルは【虹のたもとの金の壺】
実はこのサビアン。
Lys blancが7年前にオープンした日にも関係しているサビアン。
虹というものは古来から 幸運 吉報 祝福 復活 お告げ 幸運の兆し といった意味があります。
しかし、虹とは7色の光であり視覚としてとらえることはできても実態はありません。
天の領域のものであり、神の領域のものなのです。
一方で「金の壺」これは実態があり、現実の世界に属するもので
こちらは現実の豊かさの象徴です。

牡牛座の放つ光の「虹」は一人一人が生まれたときに携えてきた資質であり才能です。
また、現実的な豊かさの象徴である「金の壺」は私たちの肉体そのものであり、感性であり、感覚であり、
与えられた資質を、この肉体を通して活かしたときに得られる物質的な豊かさの象徴です。
天の領域、神の領域から受け取ったメッセージをこの体で受け取め、どのように形作るのか。
金の壺はただ黙っていて与えられているわけではありません。
与えられた質をどのように活かし、磨き続けるかによって「金の壺の豊かさ」は得られるのです。

自分自身が何を選び、どこにこだわりを置いて、何を極めたいのか。
自分にとって本当に大切なものはいったい何なのか。

制限の多い時だからこそ、自然と浮き彫りになり
見えてくる大切なものがあるでしょう。
今は山羊座の世界から水瓶座の世界へと時代が大きく変わろうとする重要な時です。
今、自分自身の最も大切だと思うこと、軸や信念、自分自身の中心に意識を向けることは
本当に大切な取り組みです。

今回の新月では、ぜひ、その問いにしっかりと向き合ってみてください。
これから変化し続ける時代を生きていくために大切な指針の一つになるでしょう。
すべての人に美しい新月のひかりが降り注ぎますように。

_______________________________________________
■__ 連絡先 __■
Lys blanc  リ・ブラン
E-mail   lysblanc418@gmail.com
TEL 055-298-6516 (ショップ営業時間12時~19時の間におかけください)

| 講座やセッション等の対応のため、セラピールームにいる場合がございます。
Lys blancでは、セッションやセラピーに限らず、ショップスペースへのご来店の際にも、
原則として事前にメールやお電話等でご連絡いただいております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 日蝕を伴う蟹座の新月

  2. 蝕をともなう山羊座の新月

  3. 未来を思い描く心と手放す勇気。 2020年 射手座の満月

  4. わたしと世界を繋ぐ 水瓶座の満月

  5. 【占星術】2020年 未来の可能性を見出す双子座の新月

  6. 【占星術】2020年 蠍座満月のホロスコープリーディング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。