プログレス(進行図)の月で感じる 乙女座と天秤座の考察 【占星術note】

占星術ノートと題して
これから占星術について
私が感じていることや、思うことを少しずつ記録していこうと思います。

 

今回、初めの記事は
「プログレスの月」から感じた私自身の記録。


星のエネルギーやサインの影響が
私たち人間にどのような影響を与えるのか
その実際性をリアルな形で体感や感覚で感じていくには
チャートの中にあるプログレスの月がとても役に立ちます。

 

この記事はわたしが感じてきた
星の記憶を残しておくためでもあり
占星術に興味を持つ方、占星術を学んでいる方、
占星術を学んでみたいと思っている方にとって
乙女座と天秤座について理解するために
ほんのちょっとした助けになるかもしれません。

 

プログレスの月とは【進行の月】

西洋占星術には
人生の流れ、あるいは運気の流れ、未来予測を
読み解く方法の一つに「プログレス法」という手法があります。

 

プログレス【進行法】とは
一日一年法と言って生まれた瞬間の星の配置を1度ずつ進行させていく手法です。

 

この手法では
生まれてから7日後のホロスコープが
7年後の人生を示唆し表現していると考えます。

 

プログレスの太陽は1年に1度移動し、
プログレスの月は約28年でホロスコープを一周します。
そのため、プログレスの月は約2年半くらいの周期で一つのサイン(星座)を運行していきますが
プログレスの月がある特定のサインを通過している間は
その期間、そのサインの特徴が私たちの日常生活や
精神面、心理面、肉体面といったあらゆる場面に色濃く影響していきます。

 

例えば、太陽星座が獅子座
月星座が蟹座だとしましょう。

 

例え、そうだとしても
プログレスの月が乙女座を運航している約2年半の間は
乙女座的な要素が自分自身に強く影響してきます。
乙女座的なものを好んだり、求めたり、惹かれたり、必要性を感じたり といった具合に。
自分自身の関心が向いていく方向性が、価値観を感じる方向性が
自然と乙女座方面に向いていくという感じでしょうか。
こうして、乙女座的な要素を自分自身に取り入れながら
私たちは魂の成長を遂げていきます。

 

 

 

 

乙女座の領域を通過するプログレスの月

私のホロスコープチャートでは
プログレスの月は2019年8月に乙女座に入り
その時、ハウスは9ハウスを運航。
実際のホロスコープリーディングではハウスとサインを合わせてリーディングをしていくので
乙女座の要素だけではなく、9ハウス、10ハウスといった特性や要素が加わります。

 

今からちょうど2年7カ月前。
この頃わたしは仕事のことである悩みを抱えていました。
個人事業主ですから、全てのことを一人で片付けなければならないのは当然なのですが
日々、やらなければならないことが山積みで
急ぎ足で駆け抜けていく毎日…。
片づけても…片づけても…片付かない…
自分の時間なんてほとんど取れないという状況。

 

それまで、自分独自の感覚や経験からの積み重ねで
なんとかやりこなしてきた仕事に対し
「ここから先はそれだけでは進んでいけない…」といった
なにか行き詰まりのようなものを感じるようになっていました。

 

「これは何とかしなければいけない…」
「もう、自分だけの考えでは成り立たない…」
そんな焦りのような不安のような…
ぼんやりとした思いを抱えて過ごしていました。

 

そんなある日、
友人のAちゃんと、たまたま、そのことについて話す機会があって
悩みを打ち明けるわけでもなく
ただ自然とその話の流れになったように記憶しています。

 

「だったら、○○さんに相談してみたら?」
と、Aちゃんのお知り合いのある方を紹介していただきました。

 

私はさほど迷うことなくその方に連絡を取り
わたしの話を聞いてもらうことに。

 

そして、この方との出会いから
やみくもに広がり
雑多になっていた仕事についてのあれこれを
整理整頓する作業が始まることに。

 

この時、私のプログレスの月は乙女座に差し掛かったばかり。

 

乙女座は情報管理、情報整理、効率、整理整頓 分析 純粋さ 几帳面、完璧主義を司る星座です。
それまで感覚だけで動けてきた私が
無意識レベルからその感覚に限界を感じ
分析的でロジカルな視点を獲得した瞬間でした。

 

かくして、ここから
2年半の時間をかけて
名刺やショップカードの作り直しから始まり
HPの再構築、セッションメニュー、ショップやTherapyの受付や営業時間について
仕事、営業について、様々な側面の整理と見直しをしてきました。

 

その中には
時間について
金銭的な側面
事務作業の効率化
講座や説明会の為の資料作成
HPの再構築
予約サイトの構築
LINE, Youtube ニュースレター Blogといった
情報発信ツールの設置
現状分析

その作業は多岐にわたります。

 

ただ、この2年半の間のどうしてもできなかったこと。
それが「文章を書くこと」または「伝えること」

 

あれ?
だって、情報発信ツールを設置したんじゃないの?
と、思いますよね。

 

そうです。
そうなんです。

 

ただ、
情報発信ツールを設置しただけ。

 

なぜなら
設置しただけで
「どうしても文章が書けなかったから」

 

ちょっと不思議に思うかもしれませんね…。
でも、今だからわかるんです。
わたしのプログレスの月はつい先日、「天秤座」に入座しました。

 

 

天秤座に移行して世界が広がる

プログレスの月が乙女座に滞在していた時と
天秤座に移動した今、
自分自身の内側で明らかに違う、圧倒的に違うのが
「気持ち」「心」なんです。

 

プログレスの月が乙女座から天秤座に移動したことで
これほどまでに楽になるのか…そう感じるこの解放感。
これは、いつかどこかで感じたことのある覚えのある解放感…。

 

それはプログレスの月が6ハウスから7ハウスに移行したタイミングに感じた
解放感と同じレベルのものだと思う。
今は心の中にゴチャゴチャっと丸まっていた得体のしれない塊が
風にそっと流されて無くなっていったような心境です。

 

プログレスの月が乙女座に滞在していた時、
なぜ文章が書けなかったか…。
それは
正しさや正確さを求めていたから。
「私が文章に書くことは本当に正しいの?」
「これ、間違っていない?」

 

まったくもって、完璧主義でしたね。
どの側面から観察しても
「正しくなくてはならない」
「間違っていてはいけない」
「エビデンスは?」
「これを書くことが私とは違う意見を持つ誰かの主張を否定することにならない…?」

 

そんなことが頭の中をぐるぐると駆け巡り
心の中では「何かが違う…」と
猜疑心のような批判精神のような…judgeのような…ものが駆け巡り…。
常に自分自身を苦しめる感覚。

 

頭ではわかっているのです。
全ての人にとって、あらゆる側面から見ても「正解」なんてないってこと。
それでも、そのぐるぐるが止まることはありませんでした。
そして、自分自身が明らかに「正しい」と感じていることすら
文字にすることすらできませんでした。

 

「誰かに批判されるんじゃないか…」
そんな恐れの気持ちすらどこかにあったかもしれません。

 

それでもプログレスの月が
今、乙女座を通り過ぎ、天秤座に入座したからこそ
「あ~、乙女座…苦しかったな…」
「完璧で在ろうとしていたな」
「正確でなくてはいけないって思っていたな」
って、わかるんです。

 

 

乙女座は時として
高すぎる理想に自分自身が苦しむこともあり
また、その理想を他者に押し付けることで他者を苦しめてしまうこともあるかもしれません。

 

プログレスの月が乙女座を運航していた時には
そのことに気づくことすらできなくて
自由になれない心の苦しさが常にどこかにあって
心が締め付けられるような感じもしてました。

 

自分自身が主張したい事があるのに、
それを主張すると他者を批判しているような気がして
自分自身が批判や評価主義の人間のように思えることも苦しかった…。

 

悪いことをしているわけでもないのに
自分自身を責める心
正しいか、正しくないかのjudge。
その辛い日々は
気が付くとあっけなく終了していました。

 

あれ?最近、気分がなんだか違う…。
なぜだろう…???
そう、気付いてホロスコープを確認してみると
プログレスの月は天秤座に移動していたのでした。

 

 

乙女座の陰と陽

占星術の学びを続けていると
こんな言葉を聞くことがあります。
「乙女座の最後の度数は厳しい…」と。

 

「厳しい」とは
文字通り自分自身にも他者にも「厳しい」のです。
それは心も身体も精神も
どの側面に対しても「厳しさ」が現れます。

 

もう一つの厳しいの意味は「苦しい」あるいは「辛い」ということ。

わたしのプログレスの月が乙女座を運航していた
この2年半を振り返ると
仕事の管理、事務作業、構築といった
ロジカル面な部分の発達においては
目覚ましいものがあったように感じています。
新しい感覚を取り入れて、思考パターンが変わっていったり、
物事の捉え方に変化が現れたり
それはそれで、自分自身がレベルアップできているようでとても楽しい時間だったのです。

 

ただ、心理的に、感情的に、精神的な面においては
苦しい場面が本当に多かった。

 

これは、乙女座の陰と陽の側面だと私は感じています。
乙女座の支配星は水星で
この水星の役割の多くは「管理すること」「情報を精査すること」
「秩序立てて考えること」に力を注ぎます。

 

双子座支配星のそれとは全く役割が全く違います。

 

管理するとは
調べてみるとこのように記されています。
 ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。「品質を管理する」「健康管理」「管理教育」
 事が円滑に運ぶよう、事務を処理し、設備などを保存維持していくこと。
「管理の行き届いたマンション」「生産管理」
 法律上、財産や施設などの現状を維持し、また、その目的にそった範囲内で利用・
改良などをはかること

管理するとは
何かしらのルールをもとに秩序立てて構成され
そこには分析力や分類力、冷静な視点が必要で
感情や心、気持ちといったエモーショナルな部分は排除されやすいのです。

 

 

だからこそ、正確さが増し
精度が上がるといった利点もあって。

 

 

私の例でいえば
仕事の側面が整理され、秩序立てて考えられるようになったので
全体像が把握しやすくなった、効率が高くなった、わかりやすくなった。
これは乙女座的な要素がプラスに働いた点です。

 

半面、
正しくなければならない…正確でなければならない。
こういった心理的な抑圧は
多大なネガティブ感情を私自身にもたらしていたでしょう。

 

わたしのホロスコープには
乙女座に一つも天体が位置していません。
だからこそ、乙女座について
知識として、記憶としてキーワードを覚え理解することはできるけど
体感として感じることがとっても難しい。

 

 

でも、こうして、
プログレスの月の運行期を通して
乙女座の世界を感じることができたのだと思います。

 

 

これはわたしが個人的に感じた乙女座の世界の記録であって
それが乙女座のすべてだというつもりはありません。

 

 

でも、もしも、
わたしが感じた乙女座の世界が
乙女座に太陽星座や月星座を持っている人たちが
同じように感じているのなら
乙女座さんは知らず知らずのうちに、
自分自身に対しても他者に対しても厳しくなってしまう側面があるのではないかな~と思うんです。

自分に厳しくあることは成長の糧にもなるけれど
あまり厳しすぎると自分自身を傷つけ狭い場所に閉じ込めてしまいます。

 

だからこそ、乙女座さんはまず、自分自身をもっと開放することに意識を向けて
受け入れ、許容する力に心を開放し
もっともっと自由になっていいんじゃないかと思う。

 

そんな、気軽な気持ちで文章を書けるようになった今、
わたしは自分自身の束縛から解放され、とても軽やかで自由になれた気がしている。

 

この考察の記録が
どなたかのお役に立ちますように。

 

__________________________________________

 

■ 12星座の基本がわかる占星術講座
 ~ 私が輝く星になる天空の羅針盤 ~
【参加者募集中 残席1名】
詳細はこちらから↓  

4月スタート 占星術講座

 

________________________________________

■ ニュースレター 最近真面目に書いています(笑)
ご興味のある方こちらから登録してくださいね。
画像をクリックしてください↓

 

■ ShopのLINEページができました。
月に数回、不規則ですがイベント情報やお得なお知らせを発信していきます!
是非、ご登録してみてくださいね。
LINE内 検索で@372zckzuで検索してみてください。

 

友だち追加

____________________________________
_✩✩_ 連絡先 _✩✩_
Lys blanc  リ・ブラン
E-mail   lysblanc418@gmail.com
TEL 055-298-6516 (ショップ営業時間12時~19時の間におかけください)

 

| Lys blancでは、セッションやセラピーに限らず、ショップスペースへのご来店の際にも、
原則としてご予約制とさせていただいております。
大変恐縮ではありますが、ただ、お話がしたいなどのご希望には添うことができません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご予約はこちら

 

 

関連記事

  1. 【占星術】天体の逆行と魚座満月 その意味とは

  2. 水星逆行が終了し 星々は次のステップへ

  3. 水星逆行が始まりました