日蝕を伴う蟹座の新月

占星術 エネルギーワーク クリスタルを使って
内なる女神を呼び覚まし
自分らしく生きたい女性のためのエナジーワークスクール
エナジ―ファシリテーター Lys blanc  Yuki です。
この広い広い世界の中でこのblogに辿り着いてくださってどうもありがとうございます。

 

 

輝く私が蘇る 蟹座の新月

6月21日 朝方6時43分に太陽が夏至点を通過し、「夏至」を迎えた後、
午後15時41分 蟹座0度で新月を迎えます。
また、新月を迎えたすぐ後、16時11分~18時3分  日蝕を迎えます。
日蝕のピークは17時10分。
この天体の動きに思いを馳せながら、ここに書き記しているだけでもなんだかすごい。
不思議な感覚と共にエネルギーの大きなうねりを感じるパワーです。

夏至とは

夏至とは、
占星術では太陽が蟹座の0度を通過するタイミングで
重要な季節の節目を表すポイントです。
昼と夜の長さを丁度ぴったりと二つに分ける春分を過ぎ、
太陽がもっともパワーを増し、陽のひかりが最も長くなるタイミングを「夏至」と言います。

 

 

太陽は生命の源であり神秘の力が宿るもの
太陽は古くから神格化され、崇められ、もっとも大切なエルギーの源であったため
この夏至のタイミングには世界のさまざまな場所で「太陽の光」を讃える儀式が
行われてきました。
有名なものでは、夏至の日にだけ確認できるストーンヘンジの巨石群、ヒールストーンから
登りたつ太陽の光をたたえるドルイドの儀式。
また、マヤでの母なる地球のエネルギーバランスが保たれ、豊作が訪れるようにとの願いから
行われる夏至の日の儀式が有名でしょう。
電気の灯りがなかった古代人にとって、太陽の光は生命の源であり、神秘の力であり
神そのものであったことでしょう。

 

 

 

日蝕のもたらす恐怖
日蝕とは、月が太陽の光を遮る現象で
一時的に太陽の光は地球まで届かない為、光も熱も奪われる現象です。
わたしが数年前に経験した皆既日食では
薄暗くなると同時に、夏だったのにとても肌寒く感じ薄いは織物を急いで羽織った記憶を鮮明に覚えています。
現在では日蝕のメカニズムを誰もが知っている為、それほど恐ろしく感じることは
無いかもしれませんが、古代の人々にこの現象が与えた「恐怖」と「不安」は
どれほどのものだったのでしょうか。

 

 

復活と再生
一旦、光を失い、再び現れた時、どれほどの喜びに震えたでしょう。
どれほどの安心を覚えたでしょう。
人々は神の偉大さに感謝し、讃え、そして自分自身の愚かさを悔やみ、反省し
心を改めたことでしょう。
神はわたしたちを見捨てない。再び、現れる。
神の神聖さに報いるために再び立ち上がった事でしょう。

 

日蝕のもたらす変化
一度、死を味わい、そして、再び再生する。
再生した時、私たちは以前と同じ「わたし」たちのままなのでしょうか?
それとも、再び蘇った私は違う「わたし」なのでしょうか?
新型コロナウイルスがもたらしたもの。
自粛生活の中で私たちは、それぞれがこれまでとちがう「なにか」に気づいてしまいました。
自粛生活が解除され、「元通り」という言葉を使う方もいらっしゃいますが
果たしてそれは「元通り」なのでしょうか。
わたしたちは深い部分で気づいている。
気付いている時点で、元通りではないのです。
同じように見えて同じではないものを見つけて歩みだす時がやってきたのです。

 

蟹座新月のメッセージ

今回は蟹座の0度で起こる新月。
蟹座の1度は「船に掲示される巻かれ拡げられる旗」と言うサビアンシンボル
A furled and unfurled flag displayed from a vessel.
子のサビアンシンボルの度数では
今、船がこれまでの帆を一旦下げて新しい帆を掲げ出港しようとしています。
この船は一体どこに向かって進むのでしょうか?

この船は蟹座の船。この船を動かす原動力は感情やこころ、気持ちといった
『水』のエネルギーを噴出させて目的地へと向かおうとしています。
この船に乗るためには共感する心が必要です。
他者を思う心が必要です。
家族や仲間と呼べる人たちと助け合い、協力し合って進む船。
自分自身の感情を一旦放棄し、より大きな集団的価値に帰属したい欲求を満たす船。
自分自身が所属する船は一体どのような船なのでしょう。

心や感情が支配する船。
今、まさに、アメリカでは再び人種差別の問題を取り上げ
デモや暴動が起こっています。船に掲げられている旗は目的地であり、
同じ目的を持つ人達しか乗ることはできません。
一人の男性の死がトリガーとなって、人種差別のない新たな世界を求め
船は動き出したのかもしれません。

新型コロナウイルスの問題を経験した今、
世界中はある一つの思いに目覚め、
「国境を越えて地球は一つであること」
そこに強弱はなく、誰かが誰かの優位に立ち、誰かが誰かの下に立つ。
そのような世の中は崩壊しつつあるのではないでしょうか。

 

 

再び目覚める。

今回の新月は8ハウス 蠍座の部屋で起こります。
蠍座は死と再生を表し、灰から蘇るフェニックス。
再び蘇ることを意味します。
一度、諦めたこと、見失ったこと、過去に手放した何かと
今一度向き合い再び復活させ、再生させるチャンスの時です。
また、東の地平線を意味するアセンダントは蠍座です。
蟹座の新月でありながら蠍座のエッセンスに満たされた新月でもあるのです。
自分自身の中の忘れられない思い。遂げられなかった夢。諦めきれない未来。

今回は日蝕も関わる新月。
ここでも復活と再生のエネルギーが流れているのです。
恐くて仕方なかった思い。
不安に震えたこころ。
それらの感情はどこに向かいたいと叫んでいるのでしょうか。

それらと是非、向き合ってみてください。
もう一度、より高い視点から見つめることで
過去には気づくことのできなかったヒントを得られるかもしれません。

 

 

感情に振り回されない。

今回の新月の特徴のもうひとつ。
蟹座は感情を支配するサインです。
守護星は月。
蟹座の新月や満月は、それだけでパワフルだと言えるでしょう。
共感性が高く優しく思いやりに厚い蟹座ですが
良くも悪くも感情の波が大きく揺れ動くときでもあります。
また、8ハウスは集団や共同体、組織、家族といった
仲間の間で感情の揺れが起こりうることを示唆しています。

同じ方向に向かう船の乗組員として
思いを共有したいのは当たり前。
しかし、意見の相違があるのは致し方のないこと。
感情に振り回されることなく、冷静に、自分自身の思いを告げて
フェアーな精神で相手の気持ちを汲んでみてください。
湧き上がってきた感情を我慢する、押さえつける、それでは解決にはなりません。
自分自身のこころを落ち着いて正直に打ち明けましょう。
以前は失敗したかもしれないけれど、今回の新月では復活や再生のエネルギーに満ちた新月です。
チャレンジする勇気を持ってくださいね。

 

 

 

獅子座のライオンズゲートへ

夏至のころからシリウスにあるポータルが開き始め
ピークは8月8日のライオンズゲートへ。
まさに、この夏至&新月は大きな転換のタイミングになると感じています。
全ての皆さんにとって、素晴らしい転換期になることを願っています。
輝く新月の光が降り注ぎますように。

 

 

________________________________________

■ ShopのLINEページができました。
月に数回、うるさくない程度、新月&満月の日に
お得な情報を発信していきます!
もし良かったらご登録をお願いします(^^♪

LINE内 検索で@372zckzuで検索してみてください。

友だち追加

 

関連記事

  1. 日蝕を伴う蟹座新月

  2. 今年最後の日蝕新月 獅子座

  3. 本当の私とありたい私。月蝕を伴う山羊座の満月

  4. 蟹座の満月

  5. 蝕をともなう山羊座の新月

  6. 蠍座新月と射手座木星

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。